2018年5月8日火曜日

(5/8)奥さんの実家を売却した際に取り外してきたステンドグラスが
ず~っと納戸に放置されたままになっていたので、
枠を作って居間の壁に飾る事にしました。

このステンドグラスは奥さんの友人が両親をイメージして特別に製作してくれたものなので、勝手にサイズを縮める訳にいかず、かと言ってこれに合わせて窓を作る訳にもいかないので、居間の空いているスペースに飾ってみました。

しかし、ステンドグラスは向こう側に光が無いと全然面白くないので、
多少斜めに出来る様に兆番を付けてみました。(邪魔になるときは壁側に畳んで置けるので、、、)

枠にはめたので、これでバラバラになる心配もなくなってホッと一安心です!
何か不思議な待合所?みたいな感じもしますが、まあその内慣れてくる事でしょう。


畳んだ状態。やっぱり後に光が無いとイマイチな感じです。

(5/1) 遅まきながら斑尾へ山菜採りに行って来ました。
と言っても、今年はかなり暖かだったので、
例年より2週間も早めの決行なのです。

さて現地へ到着してみると、何と除雪した雪が入り口付近を塞いでいて車が入れません。
やむなく川の対岸に駐車してダム?を渡って行く事にしましたが、
結構スリル満点、かなりワイルドな?スタートとなりました。


いつもより2週間早かったので、山ウドだけはまだ充分に育ってませんでしたが、
意外や意外、コシアブラの良い型のものがいっぱい採れて大満足!!


今回は車がいつもの場所に入れなかった為、
やむなく斑尾のオートキャンプ場を借りての昼宴会となりました。

早速コゴミ、ハンゴンソウを茹でて、山ウドの白い部分は刺身で食べましたが、
口の中一杯に広がるそのフレッシュな山の香りと適度な苦味がもうたまりません♪♪

そして、山ウドの葉の部分、タラノ芽、コシアブラ、最後にフキノトウ、、、と、
ドンドンと天婦羅に揚げては食べ、スパークリング・ワイン、地ビール、吟醸酒等と
共にシッカリとお腹に収まっていきました。
(今回は私が運転手だったので、ノンアルコールもので我慢しましたが、、、)


帰路はお気に入りの青木村の田沢温泉「有乳湯」に行ってみましたが、
駐車場がいっぱいだったので、イモ洗い&洗い場争奪戦を避けて、
お隣の「ますや旅館」さんにダメモトで日帰り入浴出来るか聞いてみると、、、
なんとOKとの返事!!

その素晴らし過ぎる泉質と風情溢れる建物に大満足(夕食時だった為か何と貸切状態)!!
なんとも充実の一日と成りました~♪♪
ブナの新緑は歩いているだけで癒されます♪

ちょうど水芭蕉が見頃でした!

左上からコシアブラ、コゴミ、ハンゴンソウ、
タラノ芽、山ウド、フキノトウ

木造3階建ての建物は良く保存されていてとても貴重!

2018年4月29日日曜日

(4/29)庭のマルメロの木が今年は随分といっぱい花をつけました。

一昨日頃、一騎に開花して今日にはもう散り始めています。
この分だとG・W後半頃には散ってしまうかもしれません。

さてG・Wも2日目に入ると流石にご来店になられるお客様の数もグ~ンと増えて、
今日のランチは開店と同時に満席となって、
ご入店出来ないお客様も何組か出てしまいました。
なるべく事前にご予約を頂くか、電話で確認してからのご来店をお願い致します。


2018年4月18日水曜日

(4/18)遅まきながら花見に行って来ました!
先週まで、色々と用事が重なって
花見に行かない内に松川村近辺の桜が散ってしまったので、
北隣の大町市までお花見に出かける事にしました。

湖面に映る桜を一度は見てみたいな~と中綱湖まで行ってみましたが、
まだ一分咲き位だったのでUターンして、
大町市山岳博物館前で花見をする事にしましたが、
何とそこで穂高に住んでいる姉夫婦に遭遇!!

生憎北アルプスには雲がかかっていましたが、
満開の桜が丁度散り始めた頃合で、
急遽5名に増員しての賑やかな良い花見となりました♪♪


2018年4月7日土曜日

昨日(3日)今年初めての山登りに行って来ました!

暫く歩いていないので、先ずは近くて楽な光城山か?!とも思ったのですが、
新しい登山靴を買ったばかりのウチの奥さんが
「変化の多い京ヶ倉がイイ~!!」と言うので、
池田町の隣の生坂村(いくさかむら)にある京ヶ倉という山へ行く事にしました。

京ヶ倉は1000mにも満たない里山ですが、
どっこいゴジラやステゴザウルスの背中の様な
岩場の痩せ尾根が連続している結構ハードな里山、
シーズンにはヒカゲツツジを見る為に登る人も多いそうです。

4月の初めとは思えない暑さで、桜も結構開花しているので、
もしやヒカゲツツジも、、、と村役場の職員さん2名が
HPの為の調査?に登って来ていましたが、
流石にまだチョッと早過ぎたようです。(4月半ば位か?)

その代わりコブシに似たタムシバの花が満開になっていて
春の山の清々しさを感じさせてくれました。
が、如何せん花粉が凄くて、春霞なのか杉桧霞なのか定かでない位、
霞んでしまって、肝心の北アルプスの風景がボンヤリ~としていて残念でした。
(もしかして黄砂かもしれませんね、、、
写真には北アルプスの山々がちゃんと写っていないので、
参考まで.に?5年前に登った時の写真もアップしておきます。)
コブシに良く似ているタムシバ

眼下の犀川もぼんやり、、、

池田町の東山越しに見える北アルプスもぼんやり、、、

因みに5年前の9月に登った時の北アルプス
左奥から常念岳、横通岳、東天井岳、大天井岳、有明山、燕岳

2018年3月15日木曜日

暫く歩いてないな~、山はまだ雪が残ってるし~
と、言う事fで、前から行ってみたいと思っていた
上田近くにある『海野宿』へ行って見る事にしました。

家から下道で2時間程、おバカなカーナビとケンカしながら
辿り着いた『海野宿』は静かに時間を越えてひっそりとそこに在りました。


純和風建築が水路をはさんだ両側にずら~りと建ち並んで、
まるで江戸時代にタイム・スリップしたみたいです。


観光客もまばらで、おみやげ物屋さんも少なく、
現代から取り残されてしまった『過去の町』に紛れ込んでしまったかの様。
こんな落ち着いた素適な場所があったなんて本当に驚きです!!
もっと賑わって欲しい様な、、、
このままそっとして置いた方が良い様な、、、?!


 しかし、その良く保存された景観には本当に感心させられてしまいました♪♪



2018年1月27日土曜日

(1/22)昨晩、冬の安曇野ジャズ・ミーティングが無事に終了しました。
一日違っていたら、大雪で帰れなくなった人が続出、、、
ってな事になっていたかも知れません。
今、雪かきをしてきましたが、既に20cm位も、、、明朝が思いやられます。

さて、今回のジャズ・ミーティングは一番遠くて岡谷市からで、
他は皆安曇野界隈からの参加者でした。(総勢15名)
改めて良く考えてみたら安曇野って結構ジャズ関係者が随分いっぱいいるんですね~!
初心者の方、初めて来られた方、毎度参加の常連さん、、、
ジャズが橋渡しになって皆の心が一つになった楽しい夜と成りました。
皆さん、お忙しい中をご参加ありがとうございました。
次回は6月頃にやれればイイな~と考えていますので、
ご都合のつく方は是非またご参加下さいね~♪♪